借金をしてまで税金を払うべきなんでしょうか?

確定申告の結果、かなりの額の税金を払う事になりそうです。

やっぱり法律が改正されて、「扶養者控除」が無くなったのが痛いです。
16歳未満の子供には「お金がかからない」とでも言う気でしょうか?
とんでも無い話です。
「義務教育」などと言いながら、どこの中学だって「制服」があります。
体操着や上履きも、全て「学校指定」で、それを着用しなければ「校則違反」と言われます。
だったら安い物にすれば良いのに・・・実際は、お父さんが着ているスーツよりも、中学生の制服の方が高価です。

フリーで仕事をしているので、確定申告の必要はあるのですが、はっきり言って儲かってはいません。
事業での損がどうの、ではなく、稼いだ分を家族を養う為に使ってしまうから、残る分が無い、というだけの話です。
そこへ「扶養者控除を廃止」って、全然、納得できません。

フリーである為に、国民健康保険に加入していますし、国民年金も全額、自分で払っています。
出て行く金額ばかり多くて、手元に「何も残らなかった」年度末に、「税金を払え」とは、どういう事でしょうか?

申請して、払えないほどの税金を「払え」と言われるのなら、誰も自分から申請なんかしませんよね。

とは言え、「国民の義務を果たしてない」などと言われるのも癪です。
いっそ、どこかから借り入れて、一気に払ってしまおうか・・・?

今すぐお金が必要という時に助かった!頼りになるローンはコレ

Tags:

Comments are closed.