学び直すためにとある通信制の教育機関に通う

私はこれまで中学、高校、短大とごくごく普通の家庭に育ったのでそのような教育を受けてこられました。そして普通の会社に就職して数年が経ちますが、私は現在働きながらお金を貯めています。今は月々数万円単位でしかお金は貯まりません。私がしている仕事では学ぶことが多く、常に仕事の中で学びが追いついていないと思うようになっています。といいますのも、短大までの勉強とはやはり社会に出てからの勉強は異なりますので、自分の知識・技術の無さを日々痛感しているからなのです。

私は小さい頃からまけず嫌いな性格で、他人よりも秀でることに最大の喜びを感じていました。それが学業の面では学校の成績が上位に入ることだったのですが、社会に出てからは当たり前ですが学生のときとは違い、勉強をするものも成績だけでなくいろんな社会生活上必要なことなど幅が広くなっています。

私は技術系の仕事をしているのですが、学校で勉強してきたことももちろん社会で役に経つこともあります。基礎基本がまず大事とはいいますが、やはりそれを完璧にこなしていても、応用する能力や技術が必要になっていくることもあるのです。

そういったものを改めて学ぶために、いろいろな教育機関にお金を払って自学自習、もしくは講習会に参加してスキルアップを図る、もしくは資格を取得するといったことに出費しているのです。

働いたお金で勉強して技術を学び、それを実社会で生かせられればそれでいいのですが、現実はやはりそうは甘くありません。かなりお金をつぎ込んで勉強したことでも、ほんの少ししか役に立たなかったり、まったく必要なかったりすることもしばしばあります。

そういうように比較的無計画で出費を重ねてきたこともありますが、借金をしてでも自分に投資することが、今後も含めてあるかもしれないのです。そういったときに、先を見て自分に投資することができるかと言われると、自分は後先あまり考えないのでお金を使ってしまいます。いつかあの時お金を借金してまでして勉強したことは、将来約に立つだろうと、前向きに物事を考え、あまり借金に対してリスクを間にうけないようにしているからなのかも知れないですね。

Comments are closed.